読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジョジョの楽天商品です パープルヘイズ恥知らずは今がお買い得品 2017年度

ここ以下は少しネタバレになるのでご注意。組織のトップに立ったのだから以前とは違うのだろうけど・・・。やはり荒木氏の描いた物ではないので!自分の中には読み進めていく中でキャラクターの行動や言葉に違和感を覚えました。

早速ご紹介!

2017年03月05日 ランキング上位商品↑

恥知らず パープルヘイズ ジョジョ恥知らずのパープルヘイズ -ジョジョの奇妙な冒険よりー [ 上遠野浩平 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

そして本編や今回書き下ろしされたトリッシュのお話の中に出てくるブチャラティトリッシュの関係((本編中ではフーゴのイメージ(夢)の中でですが))についても「?」です。自分には違和感。ブチャラティの死後!どのくらいの時間を経た後の話しなのか明確には書かれていませんが!長くとも数年以内というところでしょう。その年齢で彼女の口からあんな表現が出ますかね?美しくお話をまとめるための表現でしょうか?ブチャラティトリッシュにくっついて欲しかったなあ!という方は購入しても良いかもね。もしあなたの中に「このキャラはこういうイメージ」というものがしっかりある場合、読むことはお勧めしません。あと!ブチャラティに関しても!ジョジョブチャラティの関係性についていちいち「ジョジョのが上」という視点で・・・。フーゴのイメージ(夢)の中ではそうなってます。あくまでも上遠野氏の解釈による小説なので、「ああ、こういうキャラクターや物語の解釈もあるのかな」という気持ちで読める方、もしくは「ジョジョシリーズは何でも集めておこう」という方は購入されても良いのでは。。随所に面白い、興味ある内容ではあります。漫画の中にあったあの熱さ、暖かさみたいなものが感じられない。あくまで「イメージ(夢)」の中でですが。そしてジョジョもミスタもすっごく冷たい印象。ジョジョ命のパパに購入毎晩読んで安らいでいますもはや暮らしに必須です次巻期待!!「ジョジョの〜」5部、その後のパンナコッタ・フーゴの話。確かに漫画の中にもトリッシュブチャラティに対して、自分でも気がつかないくらいの「淡い恋心」が芽生えているような表現はありましたが、特に書き下ろし小説の中では(もうすでにどこかの映画やドラマや漫画の中で何度も使われてきた表現で)彼女の心の中に彼の存在の大きさが書かれています。 まあとにかく「ジョルノ様はすごい」というジョジョに心酔している表現が多い・・・。