ゃにのっての評判 | のりもの

以前から好きなお話で、ストーリーも分かりやすいので2歳の息子も喜んで見ています。繰り返し読んでいるので、次は何駅か覚えたようで最近は「次はくま?」と言う様になりました☆この本は、1歳の娘と3歳の息子の超お気に入りの1冊です。読み聞かせ用に購入しました。

こ、これですっ♪

2018年01月07日 ランキング上位商品↑

ゃにのって のりものでんしゃにのって (うららちゃんののりものえほん) [ とよたかずひこ ]

詳しくはこちら b y 楽 天

寝る前に絵本をよく読むのですが!この絵本はどんな時でも読んでほしいようで!頻繁に「よんでー!」と持ってきます。あと!最後のちょっとしたオチもかわいいです。出てくる動物たちにあーっと!いいながら聞いてくれてました。まだ、2歳なのでながい文は無理があるのでこの本はちょうど良いです。いろいろな動物が電車に乗ってくるのですが文が難しくなく比較的小さな子にも分かりやすいと思います。保育所でよく読んでもらいお気に入りの本なので購入しました。この本を本棚から見つけて!うれしそうに「バスに乗る」と言いながら持ってくるときも。席の譲り合いやこころちゃんが落とした切符を拾ってもらうやりとりが!ほっこりとした気持ちにさせてくれます。ももんちゃんと作者が同じなので喜ぶかと思ったら絵の感じが違ったのでちょっと戸惑ったみたいですが、慣れたら楽しそうに読んでいます。3歳の娘が喜んで読んでます。大好きな電車、動物、繰り返しの内容なので2歳の息子にはちょうどいいみたいです。絵も色使いもかわいいく!女の子向けかと思います。とよたさんのももんちゃんシリーズが大好きなのですが!10ヶ月の息子は乗り物に興味を示しているので!こちらを購入。ガタンゴトンという電車の擬音や次々乗ってくる動物たちに大喜びです。ほのぼのする絵本です。次々に動物が出てきて、主人公のうららちゃんの気持ちも分かり、ほのぼのとした本です。同じ作者の「ぎーこん ぎーこん」もオススメ。クリスマスプレゼントとして贈ったのですが!いろいろな動物が乗ってくるのにわくわくしているようで腰を浮かして興奮しています。「電車よ」というと「バス違った、電車」などというようになったのも、今本を読んでからです。宮城県にいるので!地名にも親しみがあって嬉しい絵本です。娘の2歳の誕生日に購入しました。.赤色の電車の絵から阪急電車を彷彿し!読む際にはわたしもワクワクします 笑つぎは○○だ〜と!乗ってくる動物たちが駅名になっているのが笑えました。でんしゃに乗り込むときの乗客の言葉が3歳の息子にはうけてます。停車駅で、いろんな動物たちが乗車します。男の子女の子関係なく!でんしゃ好きじゃなくても気に入るとおもいます。最後の駅名が笑えます。子供にもわかりやすくて!大好きな本のひとつです。おばあちゃんに電車に乗って会いに行くという設定も、次から次へと乗ってくる動物も全てが娘の大好きなものでヒットしたようです。文中の「がたん、ごとーん」に合わせて自分も体を揺すり電車に乗っている気分になっているようです。。本が好きな孫に購入しました。乗り物の大好きな2歳半の息子へ。.特段笑うようなところはありませんが!娘が「読んで欲しい」と持ってくる本のひとつです。途中の駅で駅名にちなんだ動物が乗ってきます。パステル調の色合いなのであんまり・・・という方も周りにはいるのですが園で子供が気に入っていたので購入しました。ガタゴトーガタゴトーと電車に乗っておばあちゃんちまで一人で行く女の子。(笑)短い文章でほんわかあったかい気持ちになれる絵本です。図書館で見つけて借りいたのですが!息子が返却したがらす返却期限がきて借り直すほどなので!購入しました。解説ぽさがなく、絵や効果音で情景を物語るところが、月齢に合っているようです。.おばあちゃんが居る「ここだ」駅に向かうこころちゃん。